アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
<< いよいよ明後日に迫る―ミステリー作家講演会 | TOP | 間もなく開催!「著者たちの駅前文化祭 2009」 >>
監獄ベースボール著者が道新に登場
0
    好評発売中の小社新刊『監獄ベースボール』の著者、
    成田智志さんが11/14の道新朝刊に登場しました。

    「明治期の月形 野球で囚人教化
     『監獄ベースボール』出版 隠れた歴史発掘」

    の見出しで大きく紹介されました。



    記事の中で成田さんは、「キリスト教の教えも取り入れて
    集治監の改善に取り組んだ大井上の存在と、隠れた野球史の
    1ページに触れてほしい」とコメント。

    樺戸集治監の史料を展示する、月形樺戸博物館も
    「資料や書籍の少ない集治監の果たした役割が感じ
    取れる作品」と評価してくださっているそうです。

    成田さんは、11/23(月・祝)の道央圏版にも、再度
    登場予定であります。

    ところで、NHKでは11/29からスペシャルドラマ
    坂の上の雲」の放送をスタートします。なんでも、
    3年がかりで放送する大型企画だそうですが、
    このドラマの舞台が、奇しくも「監獄〜」の主役である
    大井上輝前の出身地・愛媛県なのです。

    ドラマの制作は、地元の松山放送局が担当しています。
    札幌放送局さま、次は「監獄〜」のドラマ化をぜひに
    お願い致します。
    23:43 | タンキニ五郎 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする











    12
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --