アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
<< 平岸ばななが新入社員だった頃…連続ブログ・その5 | TOP | 平岸ばななが新入社員だった頃…連続ブログ・その7 >>
平岸ばななが新入社員だった頃…連続ブログ・その6
0
     
    <前回までのあらすじ>
    ある晴れた日、「サッポロさとらんど」での
    初取材に挑んだ平岸ばなな。昼食後、
    いよいよ同行取材のメイン「モエレ沼公園」へ。

    <ここまでのざっくりタイムスケジュール>
    午前-1
    「モエレ沼公園の活用を考える会」
    午前-2
    「サッポロさとらんど」
    正午
    (今ここ)
    午後
    「モエレ沼公園」
         ◇       ◇
    昼食後、W社長とカメラマンのFさん、ばななの3人は少し焦っていました。
    なかなかタイトなスケジュールをほぼ時間通りにこなしてきましたが、
    次の撮影は時間厳守しないと大変なことになる(?)からです。
    ジャストでは遅いのです。時間前には到着していたいのです。

    それは、「モエレ沼公園」内にある「海の噴水」。
    さまざまな水の動きを見せるプログラムが楽しめるのですが、
    なかでも最大25mの高さまで噴き上がる「ビッグワン」は見逃せません。
    ただしこれは、1日1度のフルプログラムでしか見ることができないのです…。
    しっかりおさえてくるように!
    と、タンキニ五郎先輩に念を押された重要なカットです。

    「サッポロさとらんど」も広いですが、こちらも広い!
    再び、レンタサイクルで移動。
    なんとか噴水のプログラム開始時間前に到着した私たちの前に現れたのは、
    またも紅白帽を被った小学生たち…。まあ奇遇。一緒のコースなのですね!
    (とは、さすがに話しかけませんでしたが)
    子どもたちの歓声をBGMに、途中までですが水のショーを堪能しました。


    ↑これが「是非もの」だった海の噴水(写真は普通の状態です)

    さて。噴水さえ撮影してしまえば、あとは怖いものなしなのです。
    管理事務所での取材前に、W社長とともにガラスのピラミッドを探索し、
    こっそりソフトクリームを味わう余裕まで(ありがとうございました)。
    取材の楽しさが、少しだけわかりました。

    そして、すべての撮影が終わり、日も傾きかけたころ。
    ばななは、園内で30分ほど時間をいただくことにしました…。

    (つづく)
    19:16 | 平岸ばなな | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする











    12
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --