アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
<< 平岸ばななが新入社員だった頃…連続ブログ・その8 | TOP | 7月の新刊は『時代小説で読む! 北海道の幕末・維新』です >>
平岸ばななが新入社員だった頃…連続ブログ・その9
0
     
    こんばんは。昨日、ブログデビューのお祝い(?)に、
    W社長に揚げバナナとモヒートをごちそうしてもらった、
    平岸ばななです。

    本当の狙いは揚げバナナではなく、バナナチップスでしたが、
    悲しいことにお店ではもう扱っていませんでした。
    ただ、代わりに注文した揚げバナナのおいしかったこと…。
    改めて…W社長、ありがとうございました。

    ほくほく食感の揚げバナナの余韻に浸りつつ、
    本日も過去を振り返ろうかと思います。
    お時間のある方はどうぞお付き合いくださいませ。

    ↑これが、HABANA(狸小路6丁目)の「揚げバナナ」です。
     塩味の効いたその味わいに、W社長も大満足でしたよ。

    珍☆幻斎先輩が退職され、2人になってしまった亜璃西社の
    編集プロダクション部。最初の大仕事は観光情報誌でした。
    しかも、ただの北海道観光ではなく、ドライブです。
    基本的にルートで各スポットを紹介してゆくものです。

    そう、ドライブなのです。

    いえいえ、ばななだって車の免許を持っていないわけではありません。
    車も所有しています(当時)。ただ、めったに使わないだけなのです。
    宝の持ち腐れとは、まさにこういう状態を言うのですね。
    運転しても市内の決まったコースしか走らない、
    ペーパードライバーのばなな。

    加えて、我が家のドライブは基本的にざっくり、ほぼノープランです。
    旅行は好きですが、旅先での移動は公共交通機関です。
    レンタカーを利用したこともありませんでした。
    任されたのは日帰りの短いコース3つと札幌中心部紹介のページでしたが、
    プランを立てるにしても、どのように考えればよいのやら。
    頭の中は真っ白です。
    からあげ大臣先輩のお話を聞きながら、ばななは途方にくれました。

    そんなばななに手を差し伸べてくれたのは、からあげ大臣先輩でした。
    ありがたいことに目の前で地図を広げ、支笏湖のモデルコースを
    教えてくださったのです。おまけに、夕張方面のスポット案まで。

    その後、試行錯誤しながらコースを考え、原稿を何度も書きなおし
    (からあげ先輩チェックを受け)、ひたすらに掲載許可の電話をかけ…
    どうにか乗り切ることができました。

    しかし、このドライブ観光誌のお仕事は、前哨戦に過ぎなかったのです。
    本格的な戦いの日々(?)はここから始まったのでした。

    (つづく)

    21:19 | 平岸ばなな | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする











    12
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --