アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
<< 7月の新刊は『時代小説で読む! 北海道の幕末・維新』です | TOP | 平岸ばななが新入社員だった頃…連続ブログ・その11 >>
平岸ばななが新入社員だった頃…連続ブログ・その10
0
     
    みなさんは飛行機を利用するとき、どのくらいの時間を空港で過ごすでしょうか。
    ばななは、たいてい搭乗口に直行なのですが、以前、約7時間もの待ち時間を
    持て余して大変困ったことがあります(ちなみに乗り換えのない国内旅行です)。


    空港内をさんざん歩き回ったのですが、それでもつぶせたのは2時間程度。
    最終的には書店で本を数冊購入して、ターミナルのはしっこで約5時間の読書を
    楽しみました。

    それはそれでよいのですが、これが新千歳空港だったら、映画鑑賞をして
    温泉でひと息つけるのになあ、という思いがふっと頭をかすめました。

    そう、約2年前にリニューアルした新千歳空港ターミナルビルは、とっても
    おもしろいのです。エンターテインメント施設も充実しており、休日には
    家族連れなど地元客がよく訪れる、なんて話も聞きます。

    ばななの入社時期と新千歳空港のリニューアル時期が被っていたこともあり、
    この2年間、観光情報誌の空港特集はたいてい私が担当しておりました。
    今でこそ、空港内をおおよそ思い通りに歩けるばななですが、2年前までは、
    自分が空港に詳しくなるなど想像もできませんでした。

    ↑新千歳空港をスタンプラリーで巡った際に出あった模型。
     ダ・ヴィンチが設計?した、
    パラシュートの原型だそうですよ。

    ドライブの観光情報誌を乗りきり、ほっとしたのもつかの間…次なるお仕事
    (観光情報誌)が待ち受けていました。早速、からあげ大臣先輩から
    新千歳空港についてのリサーチ&リスト作成を命じられたばなな。

    「なんなら、実際に行って見てきたら?」の言葉をとても素直に受け止め、
    その週末、新千歳空港探検へ出かけました。後から聞いた話では、
    からあげ先輩の冗談だったようですが…。でも、新しい場所を実際に見て
    回ることは、結果的によい体験だったと思っています。

    目新しいということもあったでしょうが、空港内を歩き回るのがとっても
    楽しかったのを覚えています。それも後日、友人を誘って再訪してしまうほど。
    大福やジェラートなどのお手軽グルメを堪能したり、スタンプラリーに本気を
    出したり…本当に1日を遊びつくしました。日がくれるころには、くたくたです。

    リスト作成にはかなり苦戦しましたが、このリサーチでのメモがなければ、
    そして円山マンボ先輩の助けがなければ、完成させることは難しかったかも。
    こうして、リサーチの大変さ&大切さを知った平岸ばななでした。

    (つづく)

    14:23 | 平岸ばなな | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする











    11
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    --
    >>
    <<
    --