アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
<< 亜璃西社新刊の発売日は、7・27です! | TOP | W社長のコラムが道新全面広告に! >>
平岸ばななが新入社員だった頃…連続ブログ・その14
0
     
    お久しぶりです。素敵カフェを訪ねて遠出を
    しておりました、平岸ばななです(仕事です)。

    ↑田んぼに面したカフェにもうかがいました(東川町)


    さて、そろそろ、ばななの「連続でブログを
    更新してみよう月間」が終わりを告げようと
    しております。そんな気配をじわじわと感じて
    おります。もはや連続でもなんでもありませんが、
    引き続きお付き合いいただければ幸いです。


    <前回までのあらすじ>
    円山マンボ先輩の手を借りながら、次々と襲い
    かかる試練を乗り越えてきた平岸ばなな。
    いよいよ、観光情報誌制作が佳境を迎える。

    取材撮影→原稿入稿ができれば、誌面が出来上がるのを
    待つばかり。文章や写真などの素材がどうなるのか、
    余裕のない中でも誌面を見るのは楽しかったような
    気がしています…。
    ここからの記憶はちょっとあいまいです…。

    出来上がった誌面は、ご紹介するお店やメーカーの
    方々にも確認していただきます。さらにデータなど
    細かく細かくチェックをして…チェックをして…
    ひとまず私たちの手を離れました。

    そこから、さらにチェックをして…印刷をして…
    最後は書店に並ぶのですね。
    本を作るって、大変なのですねえ…。

    完成した見本誌が手元に届いたときは、感慨深い
    ものがありました。これまで私が書店で陳列していた
    雑誌たちは、こうやって作られていたんだ!と、
    大変だった制作期間をひとり、しみじみと振り返って
    おりました。

    ただ、これで終わりではなかったのです…。
    制作期間が被りつつ進行している1冊があり、
    さらにもう1冊が待機していました。

    月日は非情にも、めまぐるしくあっという間に
    過ぎてゆき…要するに、あまりはっきりと覚えて
    いないのですが…気付けばからあげ大臣先輩に
    「いやー、できないと思ったけど、できたね!」と、
    肩をばしりとたたかれたばななでした。

    「我々は、ある種、季節労働者だ」という言葉が
    印象深く頭に残っております…。

    ひとまず、周囲に助けられつつも、なんとか自分で
    やりきれたというのは、よい経験でした!

    心が折れたりもしたけど、ばななはげんきです。

    (つづく…かも)
    20:08 | 平岸ばなな | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする











    07
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --