アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
<< 北国の春 PART.2 〈円山ばなな編〉 | TOP | ◇円山マンボ書店営業日誌 第2回「駅生POPが登場!」 >>
☆お菓子博士が道新紙面に登場!
0

    連休最終日の5/6、道新朝刊「食の大地」に
    『ほっかいどうお菓子グラフィティー』著者で
    お菓子博士の塚田敏信さんが登場しました。



    記事は、塚田さんが著作で命名した「駅生」
    中心に紹介。銭函駅で鉄道が開通した明治13年
    から売り続けられる「酒まんぢう」や、札幌駅で
    明治39年から売り続けられる柳もちなど、
    明治から昭和初期にかけて、全道の駅ホームで
    飛ぶように売れた生菓子や半生菓子を総称した
    ものです。

    塚田さんは「駅生を通して、北海道には100年もの
    長い歴史を持つ菓子があることを再認識してほしい」

    とコメント。もっとディープに、道産子菓子の歴史や
    奥深さを知りたい方は、ぜひ本書をご一読ください。
     
    15:18 | タンキニ五郎 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする











    12
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --