アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
<< 涙をこらえて | TOP | 亜璃西社 噂の真相 >>
わが社の常連さん
0
    わが社には、頻繁に出没する常連さんがいる。
    仕事を手伝ってもらったりもしているが、
    ほぼ身内感覚でお付き合いさせていただいている方々だ。

    例えば、Nさんという昨年還暦を迎えられた方は、
    W社長と30年以上の付きあいのある映画マニア。
    現在は、弊社の備品補充や返品の改装(カバーや帯の
    掛け替えのことです)をお手伝いいただいている。
    かなり個性的な方だが、「映画と心中する覚悟あり」
    という生き方は、W社長と合い通じるものはある。

    Kさんは、W社長が大インテリと認める本読みの達人。
    もとは有名な呼び屋さんだったそうで、羽振りの
    良かった頃は、アルマーニのスーツを着て、ベンツを
    乗り回していたそう。W社長とは、いつも本と
    喰い道楽の情報交換を行っている模様。

    Tは、筆者の高校時代の同級生。40を前に仕事をやめ、
    正真正銘のバカになりました。現在は、音楽活動を中心に、
    コミュニティFMのDJやライター稼業をやっています。
    うちの仕事もいろいろ手伝ってもらっていて、
    『旭山動物園写真集 本日開園、あさひやま』のなかでは、
    ショートストーリーを担当。そう考えると、わが社に
    とっては“著者”ということになるのだろうか。

    以上のお三方が、弊社のお馴染みさんともいえる面々である。

    さて、そのTが新作CD『海月屋 sessions Vol.1』(1500円)を出した。

    『海月屋 sessions Vol.1』

    3/26発売の今作は、仲間のミュージシャンとスタジオで
    セッションしたもの。肩の力の抜けた雰囲気がよく、
    かなりいいできになっていると思う。
    実は、今まで聴いてきた作品は、筆者にとってつねに
    恥ずかしさが付きまとうものだった。

    だって、いつもくだらない冗談を言い交わしている相手が、
    いきなりマジになって歌っていたら、照れるでしょ?
    でも、今作は一切そういったことを感じず、素直に
    楽しんでいる自分に気づいた。しかも、何度も聴き返したり
    しているのだから驚く。大人の鑑賞に堪えうる作品に
    なっていると思うので、興味のある方(ビートルズ、
    佐野元春、ヴァン・モリソン、ジョン・レノン、U2が
    好きな方)はご一聴を。
    ※購入を希望される方は、タンキニまでご連絡を。
    21:44 | タンキニ五郎 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://hiho.alicesha.co.jp/trackback/431514
    トラックバック

    12
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --