アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
<< ドナドナ | TOP | 書評の達人に誉められた >>
まさかの敗北
0
    こんばんわ。
    鉄の胃を持つ男・からあげ大臣です。

    わたくし、3時のおやつにカツ丼を食べるほど食の「太い」野郎でございまして、このごろ流行の「大食い」ですとか「激盛り」なんつうのを見ても、心はピクリとも動かないのでございます。
    あんなの俺だって食えるぞと。そう思ってたのでございます。

    なもので、先日とある洋食屋でミートソース大盛りを頼んで

    こんなのが出てきても、「別に…」ってなもので、特に感激も示さずに黙々と摂取し始めたわけでございます。
    最初は快調でした。
    鉄皿(これがイイのです)からこぼれそうになるミートソースを麺に絡ませ、フォークが完全に見えなくなるまで巻き巻きし、大口で食べる。こじゃれたリストランテのパスタなら、その一口でもうお終い、ぐらいの量ですわ。
    そんなペースで一口、二口と食べ進めたのですが、まぁこれが減らない。
    ナンノナンノと食べ進めましたが、それでも鉄皿の底が見えない。
    あれ、なんだかおなかがいっぱいだなぁ。
    えっ? まだあんの。オイオイ笑わせるなよ、鼻からパスタがでちゃうよ。
    ……。
    ……。
    ……。
    負けました。あと二口、それが食べれませんでした。
    メニューの写真、奥にカツらしきものが写ってますが、あれは普通盛りならパスタの上に乗っているものなんです。つまり、わたくし欲張ってミートカツスパゲティを頼んだんですね。
    そのカツが、最後に効いてきたわけですよ。
    パスタだけなら、きっと完食できたのに〜。

    いや、言い訳はやめましょう。今回は完敗でした。
    チキショー。絶対リベンジしてやる!
     待ってろっ!「ト●ワ」!









    22:34 | からあげ大臣 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    写真を見る限り、すでに食物の
    域をこえてしまっているような…。
    これは、ある種のアートですね。
    2008/01/25 12:12 PM by タンキニ五郎
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://hiho.alicesha.co.jp/trackback/666356
    トラックバック

    12
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --