アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
<< 雪虫の頃 | TOP | 東京でお酒を飲んだら風邪をひいたの巻 >>
北の出版文化祭
0
    本日、白石区の札幌コンベンションセンターで
    「北の出版文化祭」が開催されました。
    これは、全道高等学校図書研究大会の一環として
    企画されたもの。



    北海道の出版文化を考える展示とともに、
    道内出版社13社が参加しての展示販売コーナー
    「産直・本の市場」が併設されました。
    これは、紀伊國屋書店で開催する「ドサンコ出版社
    ―本の屋台村」にヒントを得たものだそうです。

    お客さんは、高校生と図書館に関係する司書さんや
    先生を中心に、一般の方の姿もちらほら。
    小社書籍では、新刊の『さっぽろ酒場グラフィティー』
    が一番人気でした。

    小社・W社長も、高校生を対象にした講座を担当し、
    その合間に自著をお買い上げのお客様にサインをするなど、
    営業活動に勤しんでおられました。
    18:37 | タンキニ五郎 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    レッツ睡眠不足ッ!!
    な、道草堂です。おばんでした。

    さっぽろ酒場グラフィティーを使って、高校生を早くもいぶし銀の世界へいざなおうって魂胆ですか?

    良い心掛けだと思います。
    2008/10/20 7:43 PM by 道草堂
    篠路のたむらです。

    昨日はありがとうございました。
    おかげさまで盛況でした。
    生徒も充実した時間を過ごしたようです。

    改めてお礼に伺いますが、W社長にも
    よろしくお伝え下さい。
    2008/10/21 11:35 PM by たむら
    >道草堂さま
    残念ながら、『酒グラ』をご購入いただいたのは、
    男性の教職員の方々でした。
    シャイな高校生は、あたしの顔が怖かったせいか、
    あまり近づいてきてくれませんでした(T_T)

    >たむらさま
    こちらこそ、大変お世話になりました。
    弊社の書籍は、思った以上に対象年令の高い商品が
    多いことに気づかされた1日でした(笑)。
    なお、『酒グラ』と対照的に女性の方から注目を
    集めた本は、『どさんこソウルフード』でしたよ。
    2008/10/23 12:07 PM by タンキニ五郎
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック

    07
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --