アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
ここらで小休止
0
    みなさまこんばんは。
    「パーティーリポート」はまだまだ続く模様ですが、
    ここでちょっと小休止。

    ブログでもご紹介したとおり、社内のあちこちに花が飾られ、
    おかげで毎日が春気分。
    ですが、自然界では一番選手のクロッカスちゃんが顔を出したところだ
    という事実にふと気がつきました。




    枯れ葉の中、愛らしい花を咲かせるその生命力に、明日からも不思議の国でガンバロウと思ったしだいでございます。





    22:13 | かぼちゃキラー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    釧路のプー横丁さん、ありがとう
    0
      こんばんは。
      昨日から初めてのお泊り取材(ハート)で温泉宿へ行き、
      肌つやアップして帰ってきたかぼちゃキラーです。

      さて、先日釧路の絵本屋「プー横丁」さんから20周年の
      お祝いをいただきました。
      釧路からはるばる届いた小包の中には、
      店主のちえさんが手作りしたリング型のパンが!
      そのみごとな形をお見せしたかったのですが、うっかり写真を
      撮り忘れてしまったのです(本当に残念、スミマセン…)

      手作りの味が、残業に疲れた社員たちの心を温めてくれました。
      ごちそうさまですポッ

      童話と絵本の店 プー横丁
      釧路市愛国東4-2-4 01542-36-5298

      絵本をじっくり手にとって眺められる
      アットホームなお店です。
      リクエストすると、店主のちえさんが
      「絵本の読み聞かせ」をしてくれます。
      ご来店の際には、ぜひパクッ







      21:29 | かぼちゃキラー | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      あやまらなくてはいけないことが…
      0
        こんばんは。かぼちゃキラーです。
        おかげさまで、亜璃西社20周年記念展示を
        無事に終わらせることができました。
        ご来場してくださったみなさま、本当にありがとうございました!
        そして、先週からmaxkimura様に書き込んでいただく回数が
        ぐんと増えたことからいって、弊社がどれほど
        紀伊國屋書店様にお世話になった(ご迷惑をおかけした)か
        お察しいただけるかと…。誠に感謝いたします。

        さて、展示会中にもっとも気になったのは、最後のコーナー(そう、物議をかもした社員紹介の写真パネルです)へのご来場者の反応です。

        「ホントに毎朝、社歌歌うの?」
        「え?ジンギスカン、ウソでしょ?」
        と聞いてくださる方には、恐縮しつつも
        「いえいえ、こちらはフィクションでして…演出が過剰になってしまいまして…モゴモゴ」
        と言い訳することができたのですが…。

        「へぇー社歌あるんだぁ」「毎朝歌うんだね」
        「無菌室ってどうして??」「本を汚さないためじゃない?」
        という会話が飛び交うのを耳にしてしまうと、心の清らかな人たちを
        騙してしまった罪悪感でいっぱいになりました。

        この場をお借りしてお詫び申し上げます。


        ※取材こぼれ写真。“モコモコ羊”と名づけられた彼らは、ジンギスカンにされた羊の毛(通常は捨てられてしまう)で作られたもの。
        愛らしい姿に和みくださいませ。


        18:54 | かぼちゃキラー | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
        亜璃西社イベント探検!
        0
          こんばんは。
          イベントが始まり三日が過ぎました。
          ご来場いただいたみなさま本当にありがとうございました!

          まだ会場にいらしていない方、もしくは「絶対に行くもんか!」と強く思っている方、とりあえずブログでちょっとだけのぞいてみてください。


          マジメな年表の周りには、携帯電話(左端)サイズのミニ本が…


          かと思えば、ガラス越しに見える都会のビルをバックに堂々と
          そびえ立つ巨大な本が!


          え?食べ物もあるの…しかもどさんこ向けだったり!?


          こんな柄の欲しかった!…という方はかぼちゃまで。


          …楽しんでもらえたかな?
          ※スタイルバツグンの土偶くんはなんと立体パネル!

          これらが展示場のどこにどのように配置されているのか…
          気になったという方は、ぜひご来場ください!





          21:11 | かぼちゃキラー | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
          メイキング・オブ・20周年記念イベント
          0
            こんばんは。かぼちゃキラーです。

            2月15日にタンキニさんからご案内差し上げた、20周年記念イベント
            「アリスの本づくり20年―北海道の活字文化を担って」。
            その開催に向け、社内では着々と準備が進んでおります。

            そんな準備シーンのひとコマがこちら。


            写っているのは、使用済みのジンギスカン鍋を無我夢中に
            タワシでこするタンキニさんです。
            いえいえ、私だってこんな場面を黙って見ていた訳ではありません。
            「先輩、手が汚れますからわたしに洗わせてください!」と申し出ました。

            ところがタンキニさんは、
            「学生時代の夏休みにね、1週間分たまったジンギスカン鍋をひたすら洗うバイトをしていたんだわ。こうしてると、アノ頃を思い出すなぁ…」と
            なんともおセンチなご様子なのでした。だからそっと見守ることに。

            それにしても、出版社の20周年記念イベントになぜジンギスカン鍋?
            それは、会場にいらしてのお・た・の・し・みですハート

            22:05 | かぼちゃキラー | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            意外とキャピキャピしています
            0
              こんばんは。編集部に漂う風邪ウィルスにも負けず、ぴんぴんしているかぼちゃです。

              ところでワタクシ、10代の頃から「キャピキャピしてないよね」と言われ続けております。確かに認めざるを得ない部分は(多々)あるのですが、そんなワタクシにだって、「あら、私って乙女」って思ってしまう瞬間が結構あります。
              たとえばそれは、カワイイものを目にした時…。

              というわけで本日は、かぼちゃが思わず「キャピッ」と叫んだ秘蔵写メを公開いたします。


              これは、旭川西武のパン屋さん・ドンクに売っていた「あざらしパン」。ほかにも「しろくまパン」などあって、ホントにかわいかったです。
              食べるのがカワイソウ…パクリ!


              美しが丘のカフェで出てきたカプチーノ。なんだかホッとしますね。
              20:04 | かぼちゃキラー | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              どさんこ常識、打ち砕かれたり
              0
                こんばんは。かぼちゃキラーです。
                各媒体でご紹介いただき、おかげさまで
                問い合わせ殺到中の「どさんこソウルフード」。
                受話器を置いたとたんに次の電話が鳴る…
                入社して以来の忙しさに、声をからす日々でございます。

                さて本日、件の本に関して道外の書店様からお電話をいただき、
                カルチャーショックを受けました。
                丁寧な口調のその方は、
                「道という字に、“産婦人科”の産、“子ども”の子と書いて
                これは何とお読みするのでしょう」とおっしゃったのです。

                …みなさんはもちろん、おわかりですよね、
                どさんこ、ど・さ・ん・こ、です。

                本のタイトル自体はひらがな表記なのですが、
                おそらく注文してくださったお客様が漢字で書かれたのでしょう。
                (その方は、故郷を離れた道産子ではないかと推測されます byコロンボ)
                「店の中で、まちがえではないかという話になりました」
                と書店の方がおっしゃるほど、「道産子」(どさんこ)という言葉はスタンダードではない!

                いやはや、「パリジャン」とか「ニューヨーカー」とかと同じくらい
                「どさんこ」は定着していると思っていたのに…。
                そんな“自分スタンダード”な思考も、どさんこらしさなのでしょうか。





                21:52 | かぼちゃキラー | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                夢つれづれ
                0
                  こんにちは。
                  写真日記をさぼり気味のかぼちゃキラーです。

                  雑貨屋さんの店先にかわいいクマさんがいて、思わずシャッターを押しました。

                  実物は2割増しに可愛いのです

                  それでふと、小6のときの夢が「雑貨屋さんになること」だったのを思い出した。
                  卒業式で証書を受け取るときに、「わたしの将来の夢」を吹き込んだカセットテープが流れる(しかも自分の声で!)。
                  みなさんの小学校の卒業式にはこんな演出、ありましたか?
                  そのテープに私は、「将来の夢はイギリスやフランスへ買い付けに行って、輸入雑貨のお店を開くことです!」と声高らかに吹き込んだ。

                  もう少しさかのぼると、幼稚園のときは美容師になりたくて、
                  妹の髪の毛をしょっちゅういじっていた。
                  (そのせいで昔のアルバムの中の妹は、ずいぶんとアバンギャルドな髪型をしている)

                  小1のときの夢は画家。
                  耳鼻科の待合室で読んだミケランジェロの狹禅絵本瓩亡恐修気譴燭里澄
                  小2のときは、ピアニスト。
                  そして、中学校の文集には、「ファッションデザイナー」とある。

                  うーん、我ながら移り気な性格。

                  逆に、人に「〜になれば?」と言われたことで印象に残っているのが、
                  なんと「ラジオのDJ」。
                  この喋り下手のかぼちゃキラーが、信じられますか?
                  確かに考えてみると、小学校高学年から中学校前半にかけては、よくしゃべる子どもで、実際、ラジオ局のイベントで立候補して3分くらいDJをやらせてもらったこともあるくらい目立ちたがり屋だった。
                  (お恥ずかしい限り)

                  あ、高校からは「出版社で働くこと」を夢見ていたので(これホントです!)、いま、とっても幸せです。

                  さて、先輩スタッフの「夢遍歴」もうかがってみたいですね。
                  13:39 | かぼちゃキラー | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  ゆずの香りはしなかったけれど
                  0
                    この三連休は、道東の北見市へ。
                    そこで一泊したホテルで、ハートウォーミングな体験をしました。

                    泊まったのはチェーン系のホテルですが、温泉にも力を入れていて、
                    露天風呂なんかもありました。
                    さて、「本日はゆずの湯」と書かれた露天風呂に入ると、
                    先客の30代くらいの女性に「ぜんぜんゆずの香りがしないわね…」
                    と話しかけられ、「どこから来たの」と会話は発展。
                    お互い札幌出身とわかり、札幌に比べて北見の物価が安い…という
                    話で盛り上がっていたとき、地元のおばあさんがひとりやってきて
                    話に加わり、さらにそのおばあさんのお友達のおばあさんが
                    やってきて…という具合に会話が盛り上がっていきました。

                    ほぼ札幌育ち(都会っ子?)のかぼちゃにとっては、温泉という場所では
                    他人のことは「見ない」「さわらない」「話しかけない」が
                    原則だと思っていたので、これはなかなかカルチャーショック!
                    熱いお湯に20分くらい入っていて、頭はもうクラクラでしたが、
                    なんだかほのぼのとした気持ちになりました。

                    そんなわけで(?)今日の一枚は昼食のデザート「みかん」です。

                    なんか踊ってません??
                    22:34 | かぼちゃキラー | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
                    ボルシチ問題勃発!
                    0
                      みなさまご無沙汰しております。
                      今年も残すところあと十日あまり。かぼちゃキラーも
                      亜璃西社での最初の1年をなんとか無事に
                      締めくくろうとしていたのですが…
                      ここにきて、爛椒襯轡遡簑雖瓩起こってしまいました。

                      それは、私が雑誌掲載用に撮影してきたロシア料理店の
                      「ボルシチ」の写真から始まりました。本人としては
                      「まあ、この写真でいけるかな…」と思っていたのですが(下記参照)
                      思いがけず、いつもは穏やかなタンキニ先輩から
                      「バカヤロー、こんなもん使えるか!」
                      と叱り飛ばされ…(?)
                      そして、先輩全員がそろって下した結論は、
                      「今年1年間(コロンボを)甘やかしすぎた!!」というもの。

                      そんなわけで、今日からかぼちゃキラーのカメラ日記が始まります。
                      とにかく毎日(いや隔日かも…)、自ら撮影した写真をブログにアップ!
                      そして、皆様と社内のメンバーからの厳しい意見をじゃんじゃん浴びて、
                      カメラの腕を磨いて(マシにして)いこうというものです。
                       私の写真について、どこが悪いか、何がいけないか…などなど
                      皆様の厳しいご指摘をお待ちしています!


                      そんなにダメですか…?

                      18:31 | かぼちゃキラー | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |

                      07
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      31
                      --
                      >>
                      <<
                      --