アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
ランクイン続報!
0
    こんにちわ。
    パーティーではからずも美声を披露してしまった、からあげ大臣です。
    いやいや、デビューとかはないっすよ。
    さて、タンキニ先輩のブログでも触れられておりますが、弊社新刊「北海道の歴史がわかる本」が、好調な売れ行きを見せております。
    しかも!紀伊國屋書店札幌本店さまには、なんとなんと特設コーナーを作っていただきました。ありがとうございます!



    その成果があってか、同店でもベストテンにランクイン。
    わたくしめが訪ねた4月14日現在では、8位の棚に置かれておりました。

    ↓証拠写真


    「八」は末広がりですからね、なかなかのもんです。
    でも、まだまだこれからです。きっとここからさらに売れるはず、いや売らねばならぬのです。
    この勢いで、目指せ増刷・建てるぞ自社ビル!




    23:29 | からあげ大臣 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    うちのイヌ
    0
      どうも、からあげ大臣です。
      近頃すっかり暖かくなってきまして、「このままじゃ、10月には40℃を超えちゃうんじゃないの」と、えだまめさんがおやじギャグをかましております。ウソですけど。

      春が近づいてくると、大学を卒業してプラプラしていた若き日を思い出します。毎日、犬の散歩ぐらいしかやることがなく、日に何度も犬を連れだしては土手を駆け巡ってました。
      そんな相棒犬も、今年で15歳になります(たしか)。
      2年前ぐらいから、「そろそろか、そろそろなのか」と気持ちの準備をしておりますが、いまだに元気モリモリ。
      実家では「この犬、実はサイボーグなんじゃないか」と囁かれております。



      ま、とにもかくにも長生きしてほしいものです。



      20:31 | からあげ大臣 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      素晴らしい日々
      0
        からあげ大臣です。
        本日、ここ数年の懸案だった大きな仕事が終わったような終わらないような感じになりまして、3秒ほどホッとしていたのですが、その後、これから待っている恐ろしい事態に気付いて27秒ほどボー然とし、結局仕事が終わった30秒後には、身も心も慌ただしい日々へと舞い戻っておりました。

        温泉に行きたい。すっごく温泉に行きたい。


        この写真は、先日洞爺湖へ取材に行った時のもの。ハクチョウ(なのかな?)が駐車場を悠々と歩いておりました。ハクチョウって、近くで見ると結構コワイのですね。



        21:06 | からあげ大臣 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        メイキング・オブ・20周年記念イベント・2
        0
          からあげ大臣です。
          先日のかぼちゃブログ、なんだか意味深な感じで終わっておりますが、その謎(?)を解く、ヒントになるやもしれない写真を、皆さまに公開いたしましょう。

          はいこれ


          これはまさか、アリスの会議室?
          なぜ床一面に新聞が?
          そして後ろ姿の2人の正体は?

          フフフフフッ、ますますワケがわからなくなったでしょう。

          3月1日(土)、紀伊國屋札幌本店にて何かが起こる…。


          21:56 | からあげ大臣 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
          ひとりで歩いてる夜の道
          0
            からあげ大臣です。

            夜、というか深夜。
            いつもこんな道を、ひとりでテクテク歩いて帰るわけです。


            あ〜、明日はあの仕事しないとなぁ。
            今日の晩御飯は何かなぁ。
            ったくえだまめさんはバカだよなぁ。
            たまには早く帰りたいなぁ。

            なんて脈絡ないことを考えながら、雪が目に入らないよう、ずっと下を向いて歩いて行くわけです。

            それにしても、よく降る雪だなぁ。
            明日も雪かきしないとなぁ。
            早く春になれよ。冬、長すぎだよ。

            と思ってふと夜空を見上げると


            こんな景色が見られるわけです。
            写真じゃよくわからないかもしれませんが、街灯の光のなかで舞う粉雪は、なかなか幻想的な美しさと悲しさがあるわけです。

            冬の夜道も、悪くないぁ。

            と思える一瞬でした。







            18:27 | からあげ大臣 | comments(5) | trackbacks(1) | - | - |
            まさかの敗北
            0
              こんばんわ。
              鉄の胃を持つ男・からあげ大臣です。

              わたくし、3時のおやつにカツ丼を食べるほど食の「太い」野郎でございまして、このごろ流行の「大食い」ですとか「激盛り」なんつうのを見ても、心はピクリとも動かないのでございます。
              あんなの俺だって食えるぞと。そう思ってたのでございます。

              なもので、先日とある洋食屋でミートソース大盛りを頼んで

              こんなのが出てきても、「別に…」ってなもので、特に感激も示さずに黙々と摂取し始めたわけでございます。
              最初は快調でした。
              鉄皿(これがイイのです)からこぼれそうになるミートソースを麺に絡ませ、フォークが完全に見えなくなるまで巻き巻きし、大口で食べる。こじゃれたリストランテのパスタなら、その一口でもうお終い、ぐらいの量ですわ。
              そんなペースで一口、二口と食べ進めたのですが、まぁこれが減らない。
              ナンノナンノと食べ進めましたが、それでも鉄皿の底が見えない。
              あれ、なんだかおなかがいっぱいだなぁ。
              えっ? まだあんの。オイオイ笑わせるなよ、鼻からパスタがでちゃうよ。
              ……。
              ……。
              ……。
              負けました。あと二口、それが食べれませんでした。
              メニューの写真、奥にカツらしきものが写ってますが、あれは普通盛りならパスタの上に乗っているものなんです。つまり、わたくし欲張ってミートカツスパゲティを頼んだんですね。
              そのカツが、最後に効いてきたわけですよ。
              パスタだけなら、きっと完食できたのに〜。

              いや、言い訳はやめましょう。今回は完敗でした。
              チキショー。絶対リベンジしてやる!
               待ってろっ!「ト●ワ」!









              22:34 | からあげ大臣 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
              夢つれづれ2
              0
                大雪ですね。
                こんばんわ、揚げ物大好きからあげ大臣です。
                さて、1月11日のかぼちゃさんのブログで、『先輩スタッフの「夢遍歴」もうかがってみたいですね』なんて言われているのに、先輩諸氏らは一切無視。
                日に日に、かぼちゃさんから表情が消えていくようなので、ここは私めがフォローいたしましょう。

                夢…、ですか。
                小学生の頃はサッカーをやっておりましたので「サッカー選手」になるのが夢でした。先祖の墓の前で「サッカーで優勝したよ」と言う少年でした。
                ただ、その夢を親に打ち明けた際
                「それは金が儲かるのか」
                と聞かれ、
                「う〜ん、どうだろう」
                と口ごもっていると即座に
                「却下!」
                と言われました。Jリーグが発足する前ですからね。

                で、その後は、小5にして料理に目覚め「料理人」になりたいと思いました。
                で、親に打ち明けると
                「おまえは左利きだろ。左利き用の包丁って高そうだからダメ」
                と言われました。「〜そう」なんて推定で、人の夢を壊しちゃいけませんね。

                中学生の時は、なんだろう。
                あまり何も考えていなかったような気がするのですが、強いてあげるなら「ミュージシャン」になりたかったかなぁ。
                時代はバンドブーム全盛期で、ギターを弾けないやつなんて死んでしまえ、みたいな空気でしたから。

                高校に入っても、最初の頃はバンドなんかやって「夢=ドリーム」を追ってました。すぐ辞めましたけど。
                たださすがに高校生まで成長すると、将来のこともちょっとは真剣に考えるもので、ウンウンと悩んだ結果、「設計士」になろうと決めました。
                子供のころから、新聞に挟み込まれるマンションや建売のチラシを見るのが大好きで、よく眺めては「おれならこの部屋とこの部屋つなげちゃうな」とか、「リビングはもっと広くないと」なんて妄想していたもので。

                その後、モロモロ(これ以上書くと、個人情報保護法に触れます)あったわけですが、なんとなく文章に携わる仕事がしたいなぁ、と思い始めたのは大学生のときです。
                ただ、狭き門だというのは知ってましたので、きっと無理だろうな、とも思ってました。
                だから、いまはとっても、とっても幸せです。
                でも一番幸せな時は、ビールを飲んでいるときです。


                終わり。




                19:33 | からあげ大臣 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |
                センスがいいとか悪いとか
                0
                  お久しぶりでございます。
                  からあげ大臣です。
                  ちょっと南米の方へ旅に出ておりまして、ブログから遠ざかっておりました。
                  あぁ〜、タコスうまかったなぁ。

                  さて、過日といってもかなり前になるのですが、弊社の飲んだくれ一同がタンキニ先輩の新居へお呼ばれいたしまして、楽しい宴が催されたのでございます。
                  宴もたけなわとなったころ、えだまめ先輩が「お絵かきゴッコをしよう」などと言い出しまして、偏差値の高い私はそんな申し入れを無視していたのでございますが、運悪く捕まってしまったのが、うちの若年寄。

                  「え〜、絵なんて描けません。オバQしか」
                  「お、オバQ?」
                  「私、オバQはむちゃくちゃ上手いんです」
                  なんて流れになりまして、ほうほうそんなに自信があるなら描いてみたまえと。そんなのすぐ描けますわと。
                  で、完成したのがこれ


                  もう新居が揺れるほどの爆笑ですわ。
                  こんなの、顔つきのコンドーサンですよ。

                  一同、いや〜、眼福眼福と涙を流して笑っておりましたら、若年寄いわく「本当はドラえもんの方が上手い」と。「自信がある」と。

                  ではでは描いてもらいましょう、と出来たのがコレ。


                  なんか、変な位置に頭と顔の境界線がありましたので、えだまめ先輩にトルツメされておりました。
                  若年寄くん。君はもう人前で絵を描かないように。
                  もし描くのなら、わたしにだけこっそり見せてください。一瞬で楽しい気分になれるので。

                  では、お口直しと言ってはなんですが、わが愛犬の無垢な寝顔をどうぞ。

                  みなさま、おやすみなさいませ。
                  22:13 | からあげ大臣 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                  かぼちゃの小旅行記2
                  0
                    はい。
                    ウチのかぼちゃが、気を持たせるだけ持たせておきながら、続きを書く気が一切ないようなので、急遽、つなぎとしてカラアゲの写メコレクションをお送りいたします。


                    こちらは、支笏湖畔の売店で去年の秋ぐらいに撮影したもの。
                    まりもっこりの「も」の字とか、かなりいい味を出していたので、迷わず撮影しました。なんだか、文字全体で「まりもっこり!」と力強く主張しているような。いい張り紙です。
                    そして隣に貼られている「モコリン」とは一体どんな物体なのか(写真をクリック!)。
                    「モコリンあります」とわざわざ張り紙するぐらいですから、「おーっ、モコリンあるじゃん!」と押しかけてくる客もいると予想されるわけで。
                    すっごい気になりましたが、仕事中だったので確かめられませんでした。
                    いまはもうないかもなぁ


                    これは、増毛町にいたネコ。むちゃくちゃ人懐っこくて、道行く観光客に頭をなでられまくってました。別に面白みはないのですが、かわいいのいいじゃないですか。

                    では、今回はここまで。
                    かぼちゃ君、早く続きを書きたまえ。






                    20:19 | からあげ大臣 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    樹海の間
                    0
                      お久しぶりです。からあげです。
                      表題は、わたくしが泊まったことのあるホテルで、もっともインパクトのあった部屋名です。
                      樹海って、なんだか怖くね?! と心の中でつっこんだ思い出があります。
                      まっ、なめこの間には負けますが。

                      ブログを書かないでいた間、いろいろなことがありました。
                      えだまめさんと焼き鳥を食べたりタンキニさんと発泡酒を飲んだり。
                      あと、小樽の潮祭りにも行きました。
                      ひたすら飲んで食べて、また飲んで食べ、朝から飲んで食べ、たまに飲んで食べと楽しい催しでした。えだまめさんが不参加なのもよかった。

                      が、一番のイベントは、家族で八雲の銀婚湯に行ったことです。
                      素敵な宿でした。夕食も美味しゅうございました。サービスも最高でした。
                      いい旅でしたよ…、気温さえ35度もなければねっ! 

                      なんでしょう。
                      露天風呂でほほをなでる風が生ぬるいという不快感。
                      風呂上り、脱水症状を起こすんじゃないかと思うほどの汗のひかなさ。
                      しかも、銀婚湯は風情ある、それはそれは趣きある建物なんです。
                      クーラーなんて部屋に付いてないんです。

                      そんなこんなで、今度は秋に来たいと、チェックイン後5分ぐらいで強く思っていました。

                      では最後に、ブログをさぼっていたお詫びといってはなんですが、うちの愛犬の写真を



                      寝ていたところを無理やり起こし、無理やりカメラ目線で撮影した時の一枚。表情に漂う「イラダチ」と「あきれ」、そしてそこはかとない「あきらめ」感が、なんともいいですね。







                      18:02 | からあげ大臣 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

                      11
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      --
                      >>
                      <<
                      --