アリス秘報館

亜璃西スタッフの面々が、その日常を大暴露。秘密のベールが今、明かされる!?
洞爺湖ぶらり旅
0
    お久しぶりです。からあげ大臣です。
    いやっ、こんなにブログを書かないヤツぁ、もう大臣じゃありません。
    事務次官。からあげ事務次官と呼んでください。高級官僚です。事務方の長です。
    ちなみに、同じくブログを書かない「若年寄」は、もう「若」をとってただの「年寄」に決定。「かぼちゃキラー」は、まだ新人なので改名は勘弁してあげましょう。

    いそがしい公務の合間をぬって先週末、洞爺湖方面へぶらりと遊びに行きました。
    中山峠を越えると、羊蹄山があられもない姿でドスンと鎮座しておりました。
    あまりにナニなので、車を停めて撮影。


    で、ニセコと真狩を結ぶ裏道をウネウネ走っていたところ、今度は放牧中(?)のダチョウの姿が。
    羊蹄山との取り合わせがとてもアレだったので、記念に一枚。


    牧場でダチョウの卵が1個¥1000で売られておりましたが、まったく興味を示さずに退散。
    洞爺湖では隠れ家的な温泉旅館に投宿し、1泊朝食付き5000円未満という破格の料金で、源泉の湯を堪能してまいりました。
    もちろん、夜は洞爺湖ロングラン花火大会を鑑賞。


    気持ちいい夜風に吹かれながら湖上に咲く大輪の花火を眺めていると、周りの観衆のほとんどが北京語的な言葉を発していることに気付き、サミット開催地・洞爺湖の国際化を肌で感じたのでした。

    翌日は、朝食でご飯を3杯お代わりし、さらに2時間後には「道の駅あぷた」でウニ丼を完食。


    一折分の生ウニが付いて1500円は、絶対にお得。
    みなさまも、行ってみればいいと思います。

    17:37 | からあげ大臣 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    挑戦者求む!
    0
      からあげ大臣です

      今日判明したこと。
      うちの「若年寄(20代・女性)」は、カップラーメンを食べるのがめちゃくちゃ早い。
      お湯を入れた5分後には、もう完食。

      ちゃんと3分待ってるのか?

      とにかく、これ以上の記録を持ってる方、ご一報ください。
      20:52 | からあげ大臣 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      永遠の音楽少年
      0
        こんばんわ。
        からあげ大臣です。

        先週末の話。
        わが社の常連さんで、よくこのブログにも登場するミュージシャン兼ライター兼ツッコミ担当の「Tさん」が、新作アルバムをひっさげて音楽処でインストア・ライブを行いました。

        アルバム製作に携わったメンバーも顔をそろえての生演奏。
        Tさんもメンバーもみんな楽しそうで、見ているこちら側にもその空気が伝播するのか、なんだかほっこりと温かいライブでした。

        Tさんこと辻さん。今回のアルバムは、お世辞抜きで名盤ですね。
        あなたのソウルフルでハートフルなステージを見て、ひとつのことを好きでいつづける強さ・大切さを、あらためて実感いたしました。
        ほんと、よかったっす。
        みんなも来たらよかったのに。
        ま、いまさら言うなって話なんですが。


        ↑普段着で熱いステージ。それが辻さんの魅力。なのか?

        『海月屋 sessions Vol.1』
        ↑辻さんの新作「海月屋sessions Vol.1」、音楽処にて好評発売中!
        21:33 | からあげ大臣 | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |
        春の雪
        0
          お久しぶりです。からあげです。
          ここ数日の陽気やら雨で、街の雪もすっかり融けたと思ったら、この雪ですわ。
          ほんとにもう。

          …今日、えだまめさんは美瑛へ取材に行っております。
          感のいい人なら、この事実だけでもうピンときているでしょう。

          そう、えだまめさんといえば、折り紙付きの雨&雪女として、札幌の出版界ではことに有名。この雪も、えだまめさんの仕業に違いありません。
          春を待ちわびている善良な市民のみなさま、本当に申し訳ない。
          まだえだまめさんの取材の日々は続きますので、こんな雪の日がしばしば訪れるかもしれませんが、そこは「あの雪女がまた取材に出てるな」と寛容な気持ちで受け入れていただき、何卒お許しくださいませ。

          さて、わたくしからもお詫びを。
          「ブログをさぼってで、ずびばぜんでじた〜(号泣)。だっべ、いぞがじがっったんだもの。びえ〜ぇ(鼻水&号泣)」

          こんな、親に叱られた幼稚園児風の謝罪しかできず、まことに申し訳ございませんが、こちらもついでにお許しくださいませ。
          春からは心機一転、がんばります。たぶん。

          さて、今回のブログタイトルにつけた「春の雪」。計らずしも三島由紀夫の遺作「豊饒の海」全4巻の1巻目と同名なのですが、みなさまこの作品を読まれたこと、ございますでしょうか?

          わたしは、学生の時分に読みました。
          内容は、ほとんど覚えておりません。あのころは、「三島なんか読んでるんだよね、ボクって」みたいな、あくまでポーズとして本を読んでいたきらいもあり、内容なんぞは脳みそからボロボロこぼれ落ちていたのです。

          いま読んだら、どんな感想を持つのでしょう?
          う〜ん、再読してみようかな。

          ま、そんな話はどうでもいいか。

          さてさて、実は先週から、亜璃西にゆかいな仲間が増えました。
          明日行われる「新人ブログネーム決定会議」で名前が決まり次第、このブログにも登場します。
          いったい、どんな名前が付けられるのか?
          果たして、どんなキャラ設定でいくのか?

          明日の秘報館も見逃せないぞ!



          19:41 | からあげ大臣 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
          小樽・はしご酒紀行
          0
            こんにちは。
            三十路を過ぎたというのに「蛇口からビールが出てきたら…」と考えるだけでワクワクして眠れない男・からあげ大臣です。

            昨年末の話。
            とある土曜日に、えだまめさんと無職中の円山マンボさん、そして我が嫁の混成チームで、真っ昼間の小樽に上陸しました。
            目的は「小樽で10軒、はしご酒をする」というもの。
            「目的」とか、正しい日本語を使うのも恐れ多い、かなりバカ丸出し系の企画ではありますが、酒飲みにとっては心躍るプランです。

            小樽に到着したのが正午ごろ。まずはセントラルタウン都通にある老舗ビアホール「ニュー三幸」へ向かい、かけつけ中ジョッキを3杯ほど。つまみは、こまこまとした肴が7種類味わえる、その名も「おつまみ七福神(確かこんな名前)」。

            ここが、良かった。旅のプロローグに、きりっと冷えた生ビールと軽いつまみ。いいスタートです。

            続いて、シャレっこきの嫁とマンボさんは同じ都通のアンティークショップへ。わたしとえだまめさんのビール命チームは、アンティークショップの隣にある中華料理屋さん「桂苑(2軒目)」で瓶ビールとギョウザをいただきました。


            ここも、旨かった。庶民的で、飾り気のない店の雰囲気がよかった。隣のテーブルの子供が食べていた「カツカレー」の匂いもよかった。

            アンティークショップで変な皿を買ってきたマンボさんたちと合流し、3軒目に向かったのが、「ニューなると 小樽出抜小路店」。ここの名物といえば、若鶏の半身揚げです。


            皮はパリ、なかはジューシーな仕上がりで、ほんと美味しい。もうビールがとまりません。

            まだまだ続きます。「なると」で鶏唐&ビール2をいったあと、小樽在住の仕事仲間(本当は酒飲み仲間)、Iさんと合流。ここらで一服と、アーケード内の古びた喫茶店(店名ど忘れ。4軒目)でコーヒーを飲みました。
            何を話したかは覚えていません。ただ、初めて来た店だというのに、まるで我が家のようにくつろいでいたマンボさんが、とても面白かったです。

            その後、炉辺焼きの「かじか(5軒目)」で、タチや宗八を肴に鳩燗をグビリ。小樽の酒飲みが集まる海鮮居酒屋「聖徳太子(6軒目)」で、その安さに腰を抜かし、体勢を整えるべく、花園の喫茶店「コロンビア(7軒目)」でコーヒー、と思っていたらなんだか勢いがついちゃって、ナポリタンとか食べてしまいました。


            どんだけ食べるんだと反省。
            でも美味しかった。もちろんこの間、ビールを飲みっぱなしです。

            コロンビアを出た時点で、札幌行きの終電まであと40分ぐらい。
            帰ろうよ、と提案するも「まだ7軒じゃないか。そんなことではいい本を作れないぞ!」と、えだまめさんに叱責され、Iさんの友人が勤めるスナック(8軒目)へ行きました。


            乾き物をボリボリと食べつつ、焼酎の水割りをゴクゴク。数杯飲んだだけで、あっという間に終電の時間です。駅までの帰路、「8軒で終わっちゃったね」と寂しく話していると、じゃあ9軒目はマンボさん宅で決定だぁ! と意見が一致し、じゃあIさんもおいでよ、なんて軽く誘う我々。「いいよ」あっさりOKするIさん。
            自宅から5分のところで飲んでいたIさんが、そのまま自宅前を素通りさせられ、札幌行きの終電に乗っている。とても趣き深い出来事でした。

            電車内でのマンボさんとえだまめさんと我が嫁。ボカシ越しにも、その疲労困憊ぶりが伝わってきます


            9軒目「居酒屋マンボ」での一枚。みんな飲みすぎだよっ!


            20:58 | からあげ大臣 | comments(0) | trackbacks(9) | - | - |
            君はミカン飴を知っているか?
            0
              遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
              からあげ大臣です。
              ブログはもとより、仕事もサボり気味(ウソ)のふつつかものですが、本年も宜しくお願い致します。

              先週末、北海道神宮へ初詣に行きました。
              おみくじは「小吉」でした。ここ3・4年、小吉を引いてる気がします。
              しかも肝心の『商い(仕事運)』は「労多く実り少なし」。
              ……。
              ライターで燃やしちまおうかとも思いましたがそれもなんなので、紐にがっちりと蝶々結びで縛ってきました。ケチらずに、200円の「幸福おみくじ」を引けばよかった。

              さて、初詣のお楽しみといえば、やはり参道に並ぶ屋台での買い食いです。我が家では必ず「東京ケーキ」を買うことにしております。これは嫁用。
              わたしは大抵、ホットドックかお好み焼きなんかを買って、モソモソと食べます。こういう食べ物は、家に持ち帰っちゃダメ。ちょっと行儀は悪いですが、参道を歩きながら食べてこそ、美味しいものなんです。

              で、今年もなんか買おうかな〜と物色しておりましたら、目の前に「フルーツ飴」の屋台が。
              フラフラっと近づいてみると、いや〜っ驚きました。いまって、色々な種類のフルーツ飴が売っているんですね。
              メロンやらバナナやらの果肉が、透明な飴に包まれてズラリと並んでいるじゃないですか。わたしが子供のころは、丸々一個のリンゴを飴でコーティングした「リンゴ飴」しかなかったのに。
              あれって、大きくて食べでがあるんだけど、飴の部分がなくなると、ほんとタダの箸に刺さったリンゴになっちゃうんですよね。なんだか子供心にも釈然としないものがあったのを、いまでも覚えております。

              で、そのカラフルな飴を見ていると、なんか一個だけすんごい存在感を醸し出しているものが…。

              これです。


              ミカン一個を飴で包んだ「ミカン飴」。
              なんでしょう、この寂寥感と存在感。ほかの飴は果肉がきれいにカットされているのに、これは一個そのまんま。
              しかも、白い筋すらとられてない。
              なんだか目が離せなくなって、思わず買ってしまいました。
              一個300円。なにげに高い。



              早速食べてみると、予想通りのミカンと飴の味。
              ただ、ミカンそのものが甘かったので、それでよしとしましょう。
              あと、リンゴ飴の場合は、最終的にリンゴだけが残ってしまう事態に陥るのですが、ミカンはサイズが小さいせいか、最後まで飴と果肉を一緒に味わえました。だから?って感じではありますが。

              そんなこんなで、今年も一年頑張っていきたいと思います。
              今年の目標は「週に3日は酒を絶つ」です。
              ま、ウソなんですけど。
              19:46 | からあげ大臣 | comments(2) | trackbacks(7) | - | - |
              雪が降ってますけど…
              0
                からあげ大臣です。
                いや〜、とうとう降ってきましたね。雪の野郎が。
                毎年経験していますが、いまだに、初雪で街が白く染まっていく風景を見ると、なんだか不思議な感じがします。

                あと、急激におでんと熱燗が恋しくなります。
                あと、急激に温泉に、しかも源泉の湯に入りたくなります。
                あっ、そうそう、また亜璃西から新刊がでるんですよ。
                北海道の温泉界に衝撃を与えた話題の書「北海道の温泉 源泉・かけ流しの湯」の新訂版が!

                冬といえば、やっぱり温泉ですよね!
                発売は11月下旬。全道の主要書店ほか、内地(本州)にも配本されますので、ぜひお買い求めくださいませ。

                源泉に浸かりながら、雪見酒を飲む。気がつけば、頭に雪がこんもり。

                いいですね、雪の降る夜…。

                でもね、今日わたし、チャリなんですけど!
                どうやって帰ればいいのでしょうか。
                それともこのまま一冬、わが愛車は亜璃西に置き去りの刑なのでしょうか。
                なにも悪いことしてないのに? それは可哀相でしょ。



                でも、雪景色のノルベサがちょっと素敵にきれいなので、それでもいいかな。







                17:59 | からあげ大臣 | comments(5) | trackbacks(30) | - | - |
                二日酔い&ズル休み疑惑について
                0
                  みなさま、金曜の夜にお疲れ様です。
                  からあげ大臣です。

                  さて、先週末の話。木曜の夜に亜璃西社内で宴会が行われたのは皆さまご周知の通りですが(11/10・うまいぞ! ざつま寿参照)、その翌日、わたくし風邪で倒れて仕事をお休みいたしました。

                  …ズル休みじゃないっすよ! 

                  で、当日の朝早く(といっても9時ごろ)に会社へお休みの連絡を入れたのですが、もちろん誰も出社しておらず。
                  いまにも意識が途切れそうだったので、その日の掃除当番(一番早く会社に来なければいけない人)のえだまめ先輩の携帯に、連絡を入れました。

                  わたし「あっ、えだまめ先生っすか。ボク風邪ひいたので休みます。ゴホゴホ」

                  えだまめさん「(二日酔いの寝ぼけ声で)ふぁい」

                  わたし「皆さんにお伝えください。ゴホゴホ」

                  えだまめさん「(ほぼ寝ながら)ふぁいよ」

                  で、金曜に休んで月曜に出社しみると、社のみんなの視線が心なしかイタイ。わたしが引きつった笑顔で語りかけても、みんな言外に「おまえ、二日酔いで休みやがったな」的雰囲気をプンプンと発してるじゃありませんか。
                  とくに部外者の円山マンボさんが。

                  で、えだまめさんに「ちゃんと風邪と伝えました?」と聞くも「言ったよ」の一点張り。
                  ま、言ったか言わなかったのか。もしくは適当なウソをつかれたのか。真相は闇のなかですが、このような疑いがかかるのも、ひとえに私の日ごろの行いが悪いからでして(二日酔いで遅刻等々)、ここに謹んでみなみなさまにお詫び申し上げる所存でございます。

                  でも、今日も遅刻しちゃったんですけどね。テヘ。

                  それはさておき、宣伝です。
                  弊社より11/22(水)に待望の新刊がでます。
                  その名も「人生、ときどきシェイクスピア」

                  シェイクスピアに興味がある人はもちろん、興味のない人でも楽しく読める、シェイクスピア入門書となっております。入門書といっても堅苦しくはありません。ま、エッセイですからね。気軽に読んでいただけるかなと。

                  定価1500円(税別)。
                  「えっ、こんなに面白くて装幀も素敵なのに?」
                  「そうなんですよ、奥さん」
                  「じゃあわたし、3冊貰おうかしら」
                  「毎度。今日もおキレイですね」

                  ぜひお買い求めくださいませ。

                  19:58 | からあげ大臣 | comments(4) | trackbacks(7) | - | - |
                  帰ってきたマンボさん
                  0
                    お疲れ様です。からあげです。
                    さて、涙なみだの送別会を終え、永遠の命を得るためアンドロメダ星雲へ旅立ったはずのマンボさんですが、じつはいまだ亜璃西に棲息しております。



                    まるで何事もなかったかのように机に向かうマンボさん。
                    仕事の引継ぎやらなんやらがあるのだそうです。へー。
                    ま、会社に来るのはいいんです。立派なことです。
                    ただ、社員じゃないという立場を利用した、傍若無人な振る舞いが目に付きますので、ここにご報告します。

                    晴れて自由の身となったマンボさんは、朝はもちろん、定時になど来ません。それはいいんです。もう社員じゃないのだし、遅刻とか関係ないですから。
                    でも、昼前の忙しい時間帯に「おはよ〜」と、似てない天地真理の声で登場し、無駄なハイテンションを社内に振り撒くのはいかがなものでしょう。
                    あの瞬間、社員の仕事モチベーションが45%は削がれます。

                    また、自分の机の整理を、いまさらやっているマンボさん。タイミングはともかく、ちゃんと整頓するのはいいことです。が、その周囲からは、まるで土木現場ばりの騒音が響いてきます。何を整理したら「ガシャンガシャン」「キュイーン」「ガッシャーン」という音が鳴るのでしょうか。不思議でなりません。

                    ともかく、亜璃西にマンボさんはまだいます。
                    このノリだと、年内ぐらいは余裕でいるんじゃないかと、社員みんなで怯えております。
                    ま、それでもいいか。おもしろいし。

                    18:41 | からあげ大臣 | comments(3) | trackbacks(12) | - | - |
                    W社長のこと
                    0
                      からあげ大臣です。
                      他メンバーが書き出すのを待っていては、またも隔週のブログアップになってしまいそうなので、今回もわたくしが書かせていただきます。

                      それは昨日のこと。
                      社内でW社長やマンボさん、タンキニさんらと雑談していましたところ、話が「立ち食いソバ」のことに。
                      爐△修海療靴廚蕕楼瓩世蕕韻性瓩箸、爐△修海離張罎呂靴腓辰僂い韻疋▲譴いい瓠△覆匹覆匹叛垢蠑紊っていましたら、W社長が「あ〜、食べたくなってきた」とポツリ。
                      わたしが「そうですね」と返す「そうで」ぐらいのところで、社長はもうカバンを持って席を立ってました。そう、立ち食いそば屋へと向かうために…。
                      なんて、気持ちと行動が直結している人なのでしょう。
                      とにかく、あの瞬間の決断と行動の速さは、並じゃなかったです。
                      さすがW社長。感動しました。

                      わたくしもことにあたるにいたっては、自分の気持ちに正直に、なおかつ迅速な行動を心がけたいと思います。

                      明日は朝から小樽取材です。
                      早速実践してきます。がんばります!

                      ■■■今日のマンボMEMO■■■
                      遅刻した以外、特に目立った行動はナシ。
                      今日は、カーテン生地のような素材のジャケットを着ております。

                      19:23 | からあげ大臣 | comments(5) | trackbacks(4) | - | - |

                      12
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      31
                      --
                      >>
                      <<
                      --